自己破産をした場合、今後の融資は可能?体験談と解決策




自己破産をした場合、今後融資のほうはどうなってしまうのでしょうか。可能なのでしょうか。

自己破産をしたなら、やはり今後は融資不可能となってしまうのでしょうか。

自己破産ののち、融資はどうなるのか、実際に直面した時の体験談と解決策をお送りします。

自己破産した私の代わりに父親は融資可能?の体験談1

質問

自己破産した私の代わりに父親が融資受けることは可能でしょうか。

私は約2年前に実家の家族に秘密で自己破産・免責をしました。

職場の移動で来年の2月から急遽転居を伴う異動があります。

今は貯蓄もない為実家からお金を融資出来ないか相談しました。

もちろん、引越し費用は大金ですので、分割にはなってしまうが年内に返すと伝えました。

両親は私が自己破産をしていることを知らないので、「銀行から融資できないのか聞いてみなさい」と一断られてしまいました。
その後に、「もしもお前だけで借りられなかったら、こちらでも銀行に融資出来ないか聞いてみる」と言ってくれています。

自己破産した私の代わりに父親が父親の名義で銀行から融資を受けることができますか?
提出する見積もりは私の引越し費用諸々と記載されます。

父親に自己破産したと知られたくないのです。

また、自己破産から約2年しか経っておりませんがご融資頂ける闇金以外の消費者金融機関はありますか?

回答

貴方に融資をしてくれる金融機関はありませんね。

銀行から融資を受けるとは使用目的を問わないフリーローンで貴方のために借りるとしても借主はお父様ですからお父様が審査に通れば大丈夫借りられます。

貴方が借主でお父様が連帯保証人になるのなら借入は厳しくなるでしょう。

いずれにせよ銀行の判断次第ですね。

自己破産した社長が法人で融資は可能?の体験談2

質問

自己破産した者が社長ですが、法人として融資を受けることは可能ですか?

もし無理なら、社長を交代させて融資を受けたい考えています。

自己破産した者が会社を立ち上げた最高責任者ですので、会長として退き名前を伏せればいいですか?

そもそも法人で借金・融資を銀行から受けるとき、個人の名義になりますか?

回答

法人登記簿に、代取としての名前が連ねてある場合には難しいのでは?

平社員など謄本に名前が記載されない場合には、可能かも分らないですね。

借り入れ時には、一応、代取、あるいは取締役を含め複数人になる場合もありますが、代取は必ず連帯保証人と言うことで、ご本人の登記簿、印鑑証明など提出を求められるのです。

代取だけで、担保が不足であれば、その他の取締役も連盟になる場合もあります。

今回の様な場合は無理だと思います。

自己破産でブラックリストに載ると今後融資可能はいつ?の体験談3

質問

自己破産などブラックリストに載ると通常、どのくらいの期間、調査会社の信用調査などに引っかかりますか?

私は2006年に自己破産したのです。

親の土地を担保にして融資を受けようと考え中です。

金融機関が連携している信用調査会社が調査をするのですが、やはり引っかかり融資は受けられませんか?

回答

多くのことを誤解されているようですね。

ブラックリストと呼ばれるものは金融の世界では存在しません。
ブラックと言うのは、一般に個人信用情報機関に事故登録がある状態の方の俗称です。

信用情報機関へは、お金を借りた方、審査をした方の情報がすべて登録されています。

客観的に情報を提供するだけ。いわゆるブラックリストとのよばれるものではないです。

自己破産ですが、自己破産は官報に掲載されます。
もちろん、自己破産の過程で延滞や、代位弁済などを受けていれば個人信用情報機関に事故登録がされています。
官報情報は10年間はデータベースで検索可能ですので、今、しらべると自己破産歴があることは簡単に分かりますよ。
調査会社じゃなくても、銀行の窓口でも調べようと思えば可能です。

自己破産後融資可能な場合というのはかなり少ないですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です